ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス

【浮世絵オリジナル】

   ・風景画
   ・
   ・
   ・
   ・

[01]/[02]/[03]/[04]/[05]/[06]/[07]/[08]/[09]


≪歌川 広重 画≫
名所江戸百景 「鴻の台利根川風景」

≪HIROSHIGE≫ 100 Famous Places of Edo : A Scene of Kounodai and Tone River
\210,000- (税込)
摺 優、 保存 優
impression:excelent, condition:excelent

歌川 広重 1797〜1858(寛政9〜安政5)
江戸八代洲河岸の定火消同心、安藤源右衛門の子として生れる。幼名を徳太郎、後年には重右衛門さらに徳兵衛と改名した。歌川豊広に師事し、文政元年(1818)には作品を発表している。天保4年(1833)から発表しはじめた保永堂版「東海道五拾三次」により一躍、風景画家としての地位を確立した。

≪名所江戸百景 安政3〜5年(1856−58)≫

広重晩年の代表シリーズで、梅素亭玄魚の意匠による目録が1枚添えられて全120枚で完結しています。江戸の風俗や年中行事が、春夏秋冬の様々な風景として大判縦型に描かれています。シリーズ代表作品でもある「大橋あたけの夕立」「亀戸梅屋敷」はゴッホの模写でも有名です。

≪鴻の台利根川風景≫

鴻の臺(国府台)は下総(千葉県北部)市川の北側にある台地で、南の江戸湾を一望でき戦国期には激戦地の一つでもあった。かつての利根川(と祢川)は今の江戸川を指していたが、しばらくの間旧名称が使われていたようだ。

(C) Copyright 2002-2003.S.WATANABE COLOR PRINT Co. All rights reserved.