ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス

【浮世絵オリジナル】

   ・風景画
   ・
   ・
   ・
   ・

[01]/[02]/[03]/[04]/[05]/[06]/[07]/[08]/[09]


≪歌川 広重 画≫
名所江戸百景 「両国橋大川端」
≪HIROSHIGE≫ 100 Famous Places of Edo : Ryogokubashi Bridge and Beside of Sumida River
\168,000- (税込)

摺 優、 保存 優
impression:excelent, condition:excelent

歌川 広重 1797〜1858(寛政9〜安政5)
江戸八代洲河岸の定火消同心、安藤源右衛門の子として生れる。幼名を徳太郎、後年には重右衛門さらに徳兵衛と改名した。歌川豊広に師事し、文政元年(1818)には作品を発表している。天保4年(1833)から発表しはじめた保永堂版「東海道五拾三次」により一躍、風景画家としての地位を確立した。

≪名所江戸百景 安政3〜5年(1856−58)≫

広重晩年の代表シリーズで、梅素亭玄魚の意匠による目録が1枚添えられて全120枚で完結しています。江戸の風俗や年中行事が、春夏秋冬の様々な風景として大判縦型に描かれています。シリーズ代表作品でもある「大橋あたけの夕立」「亀戸梅屋敷」はゴッホの模写でも有名です。

≪両国橋大川端≫

江戸最大の火事、明暦の大火では隅田川に橋が無かったために多くの犠牲者が出たといわれる。幕府はそれまで防衛上避けていた隅田川への架橋を実施、完成したのが両国橋であった。橋の袂は平時は多くの露店が並び盛り場と化したという。

(C) Copyright 2002-2003.S.WATANABE COLOR PRINT Co. All rights reserved.