ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス

【浮世絵オリジナル】

   ・風景画
   ・
   ・
   ・
   ・

[01]/[02]/[03]/[04]/[05]/[06]/[07]/[08]/[09]


≪歌川 広重 画≫
冨士三十六景 「東都数寄屋河岸」

≪HIROSHIGE≫ 36 Views of Mt. Fuji : Sukiyagashi, Edo
\472,500- (税込)
摺 優、 保存 優
impression:excelent, condition:excelent

歌川 広重 1797〜1858(寛政9〜安政5)
江戸八代洲河岸の定火消同心、安藤源右衛門の子として生れる。幼名を徳太郎、後年には重右衛門さらに徳兵衛と改名した。歌川豊広に師事し、文政元年(1818)には作品を発表している。天保4年(1833)から発表しはじめた保永堂版「東海道五拾三次」により一躍、風景画家としての地位を確立した。

≪冨士三十六景 安政5年(1858)≫

広重が最晩年に描き、没後に一括して刊行された全36作品からなる揃い物。三亭春馬の序文による目録が付録として1枚ついています。富士山を望む江戸・諸国の風景を、四季折々の清々しい自然とそこに息づく人々の姿とともに描いています。


≪東都数奇屋河岸≫

夜のうちに降った雪が一面にふっくらと積もっている。空に薄紅色が掃かれているのは、これから朝日が昇る頃、松葉や小枝に着いた雪が融け落ちる前の光景であろうか。広重の富士シリーズでは唯一の雪景色である。江戸城外堀に架かる数寄屋橋の南側には、織田有楽斎の屋敷があり、数奇屋が多く建てられていたことから数奇屋町という町名になったと伝わる。

(C) Copyright 2002-2003.S.WATANABE COLOR PRINT Co. All rights reserved.