ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス

【浮世絵オリジナル】

   ・風景画
   ・
   ・
   ・
   ・

[01]/[02]/[03]/[04]/[05]/[06]/[07]/[08]/[09]


≪歌川 広重 画≫
東海道五十三次(保永堂) 「桑名・七里渡口」
≪HIROSHIGE≫ 53 Stations of Tokaido Line : Kuwana
\84,000- (税込)

摺 良、 保存 良、 フチ付
impression:very good, condition:very good

歌川 広重 1797〜1858(寛政9〜安政5)
江戸八代洲河岸の定火消同心、安藤源右衛門の子として生れる。幼名を徳太郎、後年には重右衛門さらに徳兵衛と改名した。歌川豊広に師事し、文政元年(1818)には作品を発表している。天保4年(1833)から発表しはじめた保永堂版「東海道五拾三次」により一躍、風景画家としての地位を確立した。

≪東海道五拾三次(保永堂) 天保3〜4年(1832−33)≫

広重を一躍人気絵師にしたシリーズで、江戸日本橋から京三条大橋までの東海道の風景を描いた55枚揃い(53の宿場に“日本橋”、“京”を加えた55図)の作品です。広重は生涯に20種以上の東海道シリーズを描いたため、現在では多くが俗称で呼ばれ、最も評価の高いこのシリーズは「保永堂版東海道」と呼ばれています。


≪桑名・七里渡口≫

「七里の渡し」は実際に七里の航路を進んだ事が由来となっている。宮を出帆した舟は木曾、揖斐川等の大河川の河口を迂回するように海上を行くため大変揺れたという。石垣上の建物は桑名城で、海上に突き出た珍しい形だった。

(C) Copyright 2002-2003.S.WATANABE COLOR PRINT Co. All rights reserved.