ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス

【浮世絵オリジナル】

   ・風景画
   ・
   ・
   ・
   ・

[01]/[02]/[03]/[04]/[05]/[06]/[07]/[08]/[09]


≪歌川 広重 画≫
東海道五十三次(保永堂) 「土山・春之雨」
≪HIROSHIGE≫ 53 Stations of Tokaido Line : Tsuchiyama
\126,000- (税込)

摺 良、 保存 良、 裏打あり
impression:very good, condition:very good

歌川 広重 1797〜1858(寛政9〜安政5)
江戸八代洲河岸の定火消同心、安藤源右衛門の子として生れる。幼名を徳太郎、後年には重右衛門さらに徳兵衛と改名した。歌川豊広に師事し、文政元年(1818)には作品を発表している。天保4年(1833)から発表しはじめた保永堂版「東海道五拾三次」により一躍、風景画家としての地位を確立した。

≪東海道五拾三次(保永堂) 天保3〜4年(1832−33)≫

広重を一躍人気絵師にしたシリーズで、江戸日本橋から京三条大橋までの東海道の風景を描いた55枚揃い(53の宿場に“日本橋”、“京”を加えた55図)の作品です。広重は生涯に20種以上の東海道シリーズを描いたため、現在では多くが俗称で呼ばれ、最も評価の高いこのシリーズは「保永堂版東海道」と呼ばれています。


≪土山・春之雨≫

鈴鹿峠を越すと京が近づき、近江国(現在の滋賀県)に入る。本図は土山宿の手前、田村川に架かる田村橋を行く大名行列を描いた。奥の森にはこの地の盗賊を討った坂上田村麿(征夷大将軍758〜811)を祀った神社がある。

(C) Copyright 2002-2003.S.WATANABE COLOR PRINT Co. All rights reserved.