ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス
ASPレファレンス

【新 版 画】

   ・川瀬 巴水
   ・小原 祥邨
   ・井出 岳水

[01]/[02]/[03]/[04]/【05】/【06】/【07】/【08】/【09】/【10

各図柄1点につき  版画 Print ¥25,920(税込) / 額縁  Frame ¥9,720
            版画イメージサイズ 約36×24cm / 額縁サイズ 約52×39cm


H-71 醍醐伝法院(京都)
Daigo Denpoin, Kyoto

date-1950

  申し訳ございませんが、現在品切れです。

醍醐伝法院(京都) 昭和25年(1950)作
豊臣秀吉の花見で名高い醍醐寺は、醍醐の山の全体を寺域とする真言宗醍醐派の総本山。山上を「上(かみ)醍醐」といい、裾野は「下(しも)醍醐」という。三宝院の建物群は秀吉の庇護のもとに整備された桃山建築で見ごたえがあり、庭園は春夏秋冬を楽しめるように、秀吉が自ら設計したもの。また、花見の名所として知られ、8万坪の境内には、約2000本の桜が植えられている。慶長3年(1598)秀吉が豪華な花見の宴をくりひろげたことにちなんで、毎年4月第2日曜日に、太開花見行列が行われる。平成6年(1994)、世界文化遺産に登録された。

H-72 日光神橋
Nikko Shinkyo

date-1953

  申し訳ございませんが、
   現在品切れです。


日光神橋 昭和28年(1953)12月作
「久しぶりに作画の月を記入している。巴水の平時が回復されてきたのであろう。多くの場合に卑俗な図となってしまうこの日光神橋であるが、巴水では神橋の欄干の朱塗の色を色感調和の主要素として生かして効果を上げている。」

H-73 社頭の雪(日枝神社)
Snow at Hie Shrine

date-1931

  申し訳ございませんが、現在品切れです。

社頭の雪(日枝神社) 昭和6年(1931)元旦作
「社頭の雪」とは昭和6年の皇室歌会の勅題。佳作である。雪にうずもって一段と低くみえる社殿の朱塗りがよく利かされている。勅題にちなんで、伊東深水も同じ年、同じ題名の作品を渡辺版画店より残している。

H-74 芝公園の雪
Snow at Shiba Park

date-1931

  申し訳ございませんが、
   現在品切れです。


芝公園の雪 昭和6年(1931)1月作
朱門のあかい色が雪を帯ぶまわりの寒色にさえて実に鮮やかである。この絵の茂枝のするどい感触もよい。雪片の飛乱する、水におちる風趣など巴水独特の枝を発揮している。恐らく巴水の優作として長く人々の嘆賞する作となるであろう。

H-75 京都清水寺
Kiyomizu Temple, Kyoto

date-1933

  申し訳ございませんが、現在品切れです。

京都清水寺 昭和8年(1933)11月作
「日本風景集U 関西篇」というシリーズの1点
清水寺も度々画かれる好主題。そして巴水はこの舞台から市街をのぞむ構図を好んだ。月夜の趣致としての描出である。有名な「清水の舞台」から遠く夜景を眺めているのは横顔から見て、巴水自身であろうか。

H-76 吾妻峡
Agatsuma Gorge

date-1943

  申し訳ございませんが、現在品切れです。

吾妻峡 昭和18年(1943)作
吾妻峡は、群馬県吾妻町から上流へ向かい長野原町川原湯入ツ場大橋まで約4キロ続く吾妻川の渓谷である。この渓谷は下流部分と上流部分では景観を異にする。峡谷の中央部は探さが50メートル程あるが、川幅は極めて狭く「入丁暗がり」と呼ばれる。また「龍の髪磨岩」「龍頭岩」「龍尾岩」等の奇勝、さらに「屏風岩」「布袋岩」「新蓬莱岩」等の奇岩が連なっている。岩石全体が、浸食、風化等の影響を受け易いので奇岩奇勝が発達したといえる。両岸にはカエデ、コナラ、ケヤキ等の落葉樹がよく茂り、春は若葉の間にツツジが咲き、秋には紅葉が目を楽しませる。明治・大正の代表的な地理学者、志賀重昂(しげたか)は、この光景を「関東耶馬渓」と賞讃した。

H-77 鳳凰堂の暮雪
Evening Snow at Hououdou

date-1951

  申し訳ございませんが、
  現在品切れです。


鳳凰堂の暮雪 昭和26年(1951)作
鳳凰堂は平安時代後期、天喜元年(1053)に時の関白藤原頼通によって平等院に建立された阿弥陀堂。華やかな藤原摂関時代をしのぶほとんど唯一の遺構として、このうえなく貴重な建築。最大の特徴は池の中島に建てられていることで、あたかも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように、その美しい姿を水面 に映している。

H-78 芝恩賜公園
Onshi Park, Shiba

date-1937

  申し訳ございませんが、
  現在品切れです。


芝恩賜公園 昭和12年(1937)12月作
尾池畔の老松一幹、蕭條とふり注ぐ雨の中にうちけぶって夜深まる風情。いうまでもなく広重の近江八景「唐崎夜雨」を向うにまわしての作である。比々相思うて時代の遷移、人のちがいを感じさせる巴水作中の名品の一となるであろう。

H-79 永代橋
Eitai Bridge

date-1937

  申し訳ございませんが、現在品切れです。

永代橋 昭和12年(1937)作
朝霧の淡く川面を流れる風景であろう。巨大な鉄橋を横たえて、左すみの樹木が何となくたよりない弱さである。巴水らしい作風を示している。

H-80 小金井の夜桜
Cherries at Night in Koganei

date-1935

  申し訳ございませんが、現在品切れです。

小金井の夜桜 昭和10年(1935)2月
江戸のその昔から、有閑の雅客に楽しまれた小金井の桜。桜の木の間にみえる興行物をはでに現わして、静まりゆく夜桜の景趣にひびきをもたせたところにねらいがある。掘割りの土波の線、流るる水の表現にとるべきものがある。
昭和9年2月24日写、同5月2日作、10年2月出版。

[01]/[02]/[03]/[04]/【05】/【06】/【07】/【08】/【09】/【10

(C) Copyright 2002-2003.S.WATANABE COLOR PRINT Co. All rights reserved.