五月雨ふる山王 1919(大正8)初夏
Sannnou Shrine in Early Summer Rain, Tokyo

官幣大社日枝神社、昔から“山王様”と言はれて有名です。
境内の桜は、どの梢にも爽やかな青葉が繁つて、神さびた楼門の朱と好い調和を示してゐます。しとしとと囁くような五月雨が、子守女の口すさむ唄と相和して、初夏の情緒を一層濃いやかにしました。